お米の産地について

23年7月に施行された『米トレーサビリティ制度』により、レストランなどの外食産業に米の産地表示が義務付けられました。だいろの湯にあります『お食事処・多宝亭』では、自家農園産(新潟市西蒲区産)の米を使用しております。

多宝温泉だいろの湯は平成13年の開業以来、地産地消の精神をもとに飲食部門の米をはじめ野菜の多くは、
自家農園で有機栽培したものを使用するよう心がけております。

― 自家農園では米の品質・食味の向上をはかるための3つのこだわりあります ―

1. もみ殻と有機材料を使った堆肥を使用。(食味の向上) / 2. 強深水栽培。(品質の向上) / 3. 疎稙栽培。(品質の向上)

『なぜ、強深水栽培と疎稙栽培・・・?』 / 近年の気候温暖化により水稲の登熟気温が上昇しています。この気温上昇によって米粒の品質低下が問題となっています。気候温暖化の品質対策として強深水栽培と疎稙栽培が有効であります。

営業時間

営業時間 午前10時 ~ 午後10時 年中無休
入館料 大人800円 / 子供400円(3~12歳まで)
(平日) 17:00〜 大人500円 / 子供250円
浴衣レンタル:200円 / 回数券(11枚綴り):8,000円
※タオル・バスタオル付
※価格は税込み
問合せ (0256)82-1126